写真をとることの大切さ

私は中学生くらいの頃から写真をとるのがとても嫌いでした。でも、数日前昔何気なくとっていた写真を発見しました。とても懐かしくて「この頃に戻りたいなあ。」と思ってしまいました。でも、大人になった今何気ない写真を撮るのは少し抵抗があります。なので出かけた時や特別な時、友達と遊んだ時などにカメラを持っていくようになりました。そうすると、数年たって振り返った時こんなところに行っていたんだなと懐かしくなります。そこで私は写真を撮ることの大切さを学びました。いつかおばさんになって人物を撮るのが嫌になって来る日もあるかもしれません。でも今はまだ若いので、たくさん後悔ないように撮っておこうと思っています。ちなみにカメラはデジタルカメラです。小さいのでどこへでも持っていけます。今度は人物ばかりではなく、風景も撮ってみたいなあと思います。スマホのカメラも最近では写真に出来るみたいですが、インターネットでとても安く写真を買えるところがあるので便利です。これからも写真でたくさん思い出を作っていきたいです。

3歳の娘とピザ作りに挑戦

パパと3歳の娘が今日はピザが食べたいとリクエストしてきたため、初めて、ピザ作りに挑戦することになりました。義理の母から、ホームベーカリをいただいたので、簡単にピザ生地は作れそうと思い、ネットでピザ生地のつくり方を検索。米粉をつかって、作ることにしました。そのレシピだと、オリーブオイルを混ぜることになっていましたが、オリーブオイルがなく、グレープシードオイルで代用。ホームベーカリーに材料を投入。スタートボタンをオン。45分ほどで、生地ができました。材料をいれただけで、ピザ生地が簡単にできたことに感激。娘と一緒に生地を取り出し、丸め、ペタペタと空気を抜き、ぬれふきんをかぶせ、約10分放置。娘は、「ぺったんしたい」と大興奮。10分後、ラップにくるんで、冷蔵庫へ。でかけないといけなかったため、夕方から、また、ピザ作りを再開。冷蔵庫から生地をだすと、6時間くらい放置していたせいか、2倍くらいに膨らんでいました。本当にこれで、ちゃんと焼きあがるのかと不安に思いましたが、なんとかトッピングして、ちゃんと焼き上がり、おいしく食べれました。